口臭・体臭・加齢臭・足臭・肥満臭と戦う人を応援します

「臭い」に悩む人、集まれ!! 体内から健康になることが消臭の秘訣。

歯を失うのは虫歯でなく▲▲▲ですね

虫歯の原因菌は主にミュータンス連鎖球菌と呼ばれるもので、歯に付着して酸を出し表面のエナメル質を溶かして虫歯を引き起こす、という仕組みですが、実はその酸や菌には強い毒性はないことが分かっています。進行した虫歯を放置して歯根まで菌が侵入しても、今は有効な抗生物質ができていてほとんど食い止めることが可能です。

一方、歯周病菌は感染性の細菌で、歯肉から血管内に入れば血液中で増殖して血管や内臓に定着して毒素をまき散らします。これを抗生剤で食い止めることは非常に難しいのです。

40歳を境にして、歯を失う原因は虫歯から歯周病に変わります。虫歯は冠やブリッジ、インプラントなどの治療技術が確立していて、予防についても歯磨きや、フッ素コート、歯垢の除去などデンタルケアをきちんとやっていけば防ぐことが可能です。

しかし、歯周病は毎日歯磨きをきちんとしている人にも発症する可能性があります。歯肉の腫れや歯槽骨、歯根膜といわれる組織がスカスカになれば、虫歯治療のように簡単にはいきません。
以前のブログに書いたとおり、心疾患や糖尿病、肺炎、免疫系疾患という思い病気を併発する可能性がかなり大きくなります。
歯周病予防に最適!今までになかった歯茎専用の薬用美容液!


★歯周病関連情報を集めました★
◆歯周病菌にタデ藍エキスの歯磨き
◆唾液の分泌量が口内殺菌に関連します
◆歯周病とガンのリスクの深い関係が分かりました
◆「歯周病」を治すためのデンタルケア歯磨き粉
◆動脈硬化を促進する肥満と歯周病菌
◆口臭解決・薬で治せる歯周病、歯槽膿漏
◆クマ笹入りの歯磨きは歯周病治療の民間療法を応用しています
◆歯周病の敵はストレスによる口の免疫力低下

口臭・歯周病治療の常識、非常識

もし、あなたが
●ひどい口臭で悩んでいる・・・
●朝起きると、なんとなく口の中がネバネバしている・・・
●家族や友人が「口臭がくさい」と言うようになった・・・
●仕事の同僚に何となく避けられているように感じる・・・
●営業で顧客と話をする機会が多いが、口臭を気にして笑顔で話せず、成約が決まりかけていた商談をボツにしてしまった・・・
●初めてのデートでは笑顔を絶やさず、会話もそれなりに、うまくいったつもりだが、口臭を理由にふられてしまった・・・
●彼女(彼氏)のことは好きだが、口臭がとても気になる・・・
●一人暮らし(単身赴任)だが、最近、どうも口内炎ができやすく、体の調子がよくない・・・



もしくは現在、●これから病院を探そうと思っているが、歯周病の治療をしっかりと行ってくれるところはないだろうか?
●自分の歯を抜かずに、歯周病を治してくれる歯科病院に行きたい・・・
●病院で外科手術を受けないと歯周病は治らないと言われたが・・・・
●自分の親が、糖尿病で悩んでいる・・・・
●重度の歯周病にかかっており、今までに何度も病院を変えた・・・・


「歯肉を切らずに治せる!」口臭の原因だった歯周病(歯槽膿漏)・口臭撃退7日プログラム



★歯周病関連情報を集めました★
◆肥満と歯周病の相互関係
◆歯周病菌にタデ藍エキスの歯磨き
◆歯周病とガンのリスクの深い関係が分かりました
◆「歯周病」を治すためのデンタルケア歯磨き粉
◆動脈硬化を促進する肥満と歯周病菌
◆口臭解決・薬で治せる歯周病、歯槽膿漏
◆クマ笹入りの歯磨きは歯周病治療の民間療法を応用しています
◆歯周病の敵はストレスによる口の免疫力低下

朝起きたら、まず、これ!!

朝起きて、歯をみがく、とか水を飲むとかではありません。
ずばり、
口をすすぐ、うがいする
ということです。

何故こんなことが必要なのでしょうか?
それは虫歯ができる過程に原因があります。

虫歯(正確には菌)は、基本的に夜寝ている間に活動し、歯をむしばんでいきます。
なぜ夜寝ている間なのか?
昼は虫歯も寝ているのか?
そうではありません。

人間はおきている時間、人と話しをしたり、ものを食べたりします。
その都度、口の中には唾液が分泌され、常時、菌や歯垢を流しているんです。
だから昼間は虫歯(正確には菌)の活動が抑制されるのです。


では寝ている夜は?
もうおわかりですね?そうなんです。唾液の循環がなくなり、夜には
虫歯(菌)の活動が活発になってしまうんです。交感神経が抑制してしまうのです。
そのため、歯をむしばむことになるわけです。

・・・ということは?
朝起きると、口の中は菌で一杯になっているんです。
も〜菌だらけ。特に口の中がねばねばしてたら菌が活発に繁殖している証拠。
朝、口をすすがずに何かを飲んだり、食べたりすると
その菌を全部、飲むことになります。


おすすめ”うがいグッズ”

当然、胃のがあれる原因、口臭を悪化させる原因になってきます。
ひどい人であれば、下痢や腹痛を発生させることもあります。
何気ないことですが、

朝起きて、まず「うがいをする」「口をすすぐ」
これを必ず実行してください。

おすすめ”うがいグッズ”はこれ・・・





★詳しい情報を収集しました★
◆歯周病のサインCRP値の上昇は重大な血管の病気になる危険性!!
◆口臭解決!薬で治せる歯周病、歯槽膿漏
◆ストレスによる口の免疫力低下が歯周病の敵
◆気候やストレスと口腔内殺菌の決め手「唾液分泌」の関係
◆歯周病とガンのリスクの深い関係が分かりました
◆歯周病の予防は歯磨きだけではダメでした
◆ドライマウスの人に多い口臭、唾液分泌が防止の決め手だったんです
◆口臭の解消は、まず歯石除去から

肥満と歯周病の相互関係

歯周病は、歯の周囲のハグキなどの組織に細菌が感染して起こる慢性的な感染症です。歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多い、という疫学調査が複数報告されています。

なぜ、糖尿病の人は歯周病になりやすいのでしょうか。まだこの詳細な仕組みは解明されていませんが、血糖値が高い状態が続くと、体の免疫機能が低下してさまざまな感染症にかかりやすくなったり、糖分を多く必要とする歯周病菌が増殖しやすくなるためではないかと考えられています。

さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化する、という逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。

この関係が明らかになってきた背景には、歯周病が、糖尿病だけではなく、その前段階と言える「肥満」とも密接な関連があると分かってきたことが挙げられます。ある調査では、肥満の人に歯周病が多いということも報告されています。

肥満の人の内臓脂肪には「TNF-α(腫瘍壊死因子)」という物質がたくさん発現しています。この物質は、白血球の一つ、「単球(マクロファージ)」からも分泌されて、炎症反応を活発化させるのに重要な役割を果たしていることが分かっています。

つまり、肥満の人は、常に体内が炎症状態にあると言えるのです。こうした場合に何らかの感染症にかかると、さらに全身の炎症がひどくなるとみられています。歯周病も感染症なので、より炎症が悪化するというわけです。なぜこうしたことが起こるのか、はっきりとは分かっていませんが、私が診ている患者さんの中にも、「風邪のときにハグキの腫れがひどくなるようだ」と話す人もいます。

歯周病菌が、歯とハグキの間の溝である「歯周ポケット」から簡単に血液中に入り込んでいくことも大きな問題です。歯周病菌が血液中に多量に存在すると、致命的な感染症を起こすこともあります。

それに加えて、歯周病菌の死骸が「内毒素」と呼ばれる多量の毒素をまき散らすことが、血糖値にも悪影響を及ぼします。血液中の内毒素は、脂肪組織や肝臓からのTNF-αの産生を強力に推し進めます。TNF-αは、血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうのです。

インスリンの働きが悪くなると、血糖値が下がりにくくなります。つまり、歯周病も肥満も、TNF-αの分泌を活発にすることで血糖値のコントロールを悪化させ、結果的に糖尿病の発症につながる可能性があると考えられるのです。


実際、歯周病を合併した糖尿病の患者さんに、抗菌薬を用いた歯周病治療を行ったところ、血液中のTNF-α濃度が低下するだけではなく、血糖値のコントロール状態を示すHbA1c値も改善するという結果が得られているそうです。

ただし、覚えておいていただきたいのは、現在の歯周病治療は、その進行を抑えることしかできないということです。歯肉炎と呼ばれる状態であれば、口腔ケアによってハグキを元の状態に戻せますが、歯周炎になってしまうと、ハグキの状態は元には戻りません。

歯周病菌は歯周ポケットと呼ばれる歯とハグキの間の溝にはびこるので、薬を飲んでも薬剤はなかなか歯周ポケットに出て行きません。したがって、予防に努めることが重要です。口腔ケアも自分一人できちんと行うのは難しいと言われています。このため、健康な人でも、半年に一度は歯科医を受診し、歯のケアを受けるようにしてください。


★必見!!歯周病予防と口臭解消の情報サイト★
■クマ笹入りの歯磨きは歯周病の症状が穏やかになります
■歯周病のサインCRP値の上昇は重大な血管の病気になる危険性!!
■●●菌が歯周病菌に効くんです
■黄ばみや臭いを取る歯磨き粉を見つけました
■ストレス解消グッズでリラックスして歯周病を予防
■口臭解決・薬で治せる歯周病、歯槽膿漏
■唾液分泌がで口臭防止の決め手だったんですね

「体の内部」から臭いを消す

「歯磨き」だけでは、「口臭」がなかなか解消しませんね。
たぶん、体中に臭いのもとが貯まっているんじゃないかと思うようになりました。
「体の内部」から、臭いを消すことができたら…
と、思ってネットショッピングで見つけた消臭タブレットです。

『口臭』『体臭』『おなら』『便の臭い』に悩む18,000人が次々に、感動!!
画期的成分F-118と6種の天然ハーブを混合した新技術の「BDS体内消臭システム」で、
口の臭いから、臭いの元、胃・腸まで殺菌・消臭!!
あなたの「体の内部」から、臭いがなくなる「口臭タブレット」登場!!
なんと… 『便の臭い』までなくなる!?

[社]東京食品技術研究所
(財)日本食品分析センターが実証!!


て書いてあったので、思わず買いました。

実は、、口臭だけでなく、体臭・便臭・オナラ…これら全て腸内の環境が原因だったんです。

腸内環境が悪化すると、まず便が異常発酵を始めます。
するとガスや毒素が発生!!(主にアンモニア)
これがなんと、腸から血液に吸収されて全身へと回るんだとか。

実はこれ、12年間研究して、やっと出来た
118種類もの天然植物100%でできた非常に体に優しい成分なんです!

その安全性が認められ、シックハウス症候群が問題となっている建築関係や、
医療の現場で重宝されているほど!
さらに、強力消臭、臭い発生させる菌を抑制するハーブ配合!!
腸内環境を整えて、臭い菌が発生しにくい腸に変えていくから、臭わない体に変わっていく!!
しかも、美味しいグレープフルーツ味です。
彼氏と一緒に住んでいる人や、職場、電車で体臭が気になる人、これは一度試してみる価値アリですよ!!



★耳寄りオススメな情報★
□必見!40代からの加齢臭発生のしくみ
□加齢臭を食事で予防する
□男の体臭物質はノネナールだけではない
□健康にいい黒酢やリンゴ酢、汗臭解消にもいいんだって
□頑固な加齢臭にはマイクロバブルシャワー
□ローズオイルの効果、アロマ、整腸効果やホルモンバランス等々あったんです
□加齢臭の原因『ノネナール』にはミョウバンせっけん
□体臭防止には抗酸化食品が有効

 | HOME |  »

Appendix

GANT

GANT

DTIブログにようこそ!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks