口臭・体臭・加齢臭・足臭・肥満臭と戦う人を応援します

「臭い」に悩む人、集まれ!! 体内から健康になることが消臭の秘訣。

間違った方法で酷くなる口臭

口臭の悩みを解決するサイト 
ガム、飴、タブレット、丁寧な歯みがきでさえ
口臭予防には全く効果が無いという事実。


息がさわやか!というようなお決まりのキャッチフレーズ。
あなたは、巷に出回る口臭予防のガム、飴、タブレット、サプリメントなどを口にしたことがありますか?
いかにも清々しいミントの味がします。
鼻が通る感じがして、息が爽やかになったように感じます。

もしかして、口臭予防ガムなどを携帯することが、口臭対策だと勘違いしていませんか?
実は、ガムも飴もタブレットも口臭対策としては全く好ましくありません。

大切なので、もう一度言います。

世間で売られているガム、飴、タブレット…これらは口臭対策として全く効果はありません。
口臭の原因である細菌は、ガムや飴の糖分で繁殖しやすくなります。
そして、ガムや飴を頻繁に口に運ぶことは、口の中のpHの恒常性へ影響を与え、口臭を予防しようとするからだの機能を低下させます。
また、刺激の強い、スーッとするタブレットは、舌の粘膜を傷つけてしまい、
余計に細菌が繁殖する可能性を含んでいます。
あなたがもし、ガムや飴やタブレットで口臭をごまかしているなら、
あなたの口は臭うかもしれません。

そしてもう1つ。
99%の人が勘違いしている真実があります。
それは歯磨きです。
もしかするとあなたは、歯を磨けば口臭を予防できると思っているかもしれませんが、
歯磨き粉をつけて熱心に歯を磨いたとしても、あなたの口の臭いには関係ありません。

歯磨き粉をつけて歯を磨けば、虫歯は予防できます。
でも、虫歯と口臭、息は別問題です。
いくら丁寧に歯磨き粉をつけて歯磨きをしたところで、口臭を予防することはできないのです。
もちろん、磨き終えた瞬間は臭いはなくなっているでしょう。
でも、口臭がでてくるのは時間の問題です。

では、どうすれば口臭をなくすことが出来るのか?

3分であなたの口臭を取り除き、爽やかな息を手に入れる方法はこちらです。




必見サイトです

ニンニクとアルコールの口臭消します
人と会う自信がつく、ナタマメ入りマウスウォッシュ
歯のホワイトニング、塗って約10秒で歯が白くなる!!
歯周病の元凶「活性酸素」を無害化する「抗酸化酵素」
ガムで口臭は消えません。

パセリを食べる人は口臭がないってホント?

鉄分たっぷり。口臭を防ぎ、感染症を予防』

<パセリの働き>
パセリには、クロロフィル(葉緑素)がたっぷり含まれていて、口臭の元となる雑菌が増えるのを抑えます。
また、パセリ特有の香り成分であるピネン、アピオールという成分にも、雑菌の繁殖を抑え、口臭を予防する働きがあります。

 β-カロテンの含有量はシソ、ニンジンに次いで多く、強い抗酸化パワーが活性酸素を抑制し、動脈硬化やガンを予防。造血に欠かせない鉄分はホウレンソウの約4倍。

免疫力を高め、風邪予防に有効なビタミンCにも富み、止血・解毒・利尿作用のあるビタミンKも多く含んでいます。

香り成分のアピオールやピネン、ミリスティシンなどには腸内の悪玉菌が増えるのを抑える働きがあり、ピネンには消化促進・消臭作用もあり、口臭予防に有効

料理の彩りに添えるだけでなく、積極的に摂りたい野菜の1つですね。

★主な生理機能成分はこんなにあります。

○アピオール/ミリスティシン(消化促進)
 香り成分。抗菌作用。口臭防止。胃の働きを活発にし、消化を促進。
○EBV抑制因子(抗ガン)
 悪性疾患リンパ腫の原因となるウイルスを抑制する。
○クロロフィル(コレステロール値低下)
口臭・体臭・加齢臭の悩みに「臭麗MAX」


 葉緑素。多種の疾患の原因となるウイルスの増殖を抑制。発ガンを防止。コレステロール値の低下、貧血予防、解毒、整腸作用がある。
○食物繊維(整腸、抗ガン、循環器疾患抑制)
 腸内善玉菌を活性化。

 この効果に着目して、マッシュルームとパセリの天然消臭成分が詰まった健康補助食品「臭麗MAX」というサプリメントがあります。




★体臭、加齢臭に関するお役立ち情報です。★
◆加齢臭を食事で予防する
◆男の体臭物質はノネナールだけではない
◆お腹をすっきりして便臭を解消するには、植物性乳酸菌
◆健康にいい黒酢やリンゴ酢、汗臭解消にもいいんだって
◆トレハロースは凄い!加齢臭防止効果!
◆安心して飲める臭い消し
◆植物性乳酸菌が、お腹をすっきりして便臭を解消する
◆ラクトフェリンでお腹ポッコリを治せば体臭、便臭も解消


朝ご飯を食べない人は口臭に注意

 朝時間がないから朝ごはんは要らない・・そんな人は要注意!
 知らない間にお口のニオイを悪化させているかもしれません。口臭を抑える第一歩として朝食を取ることからはじめませんか?朝食は、口内の生理機能の安定化、午前中に起こりやすい生理的口臭の予防など、様々な役割を果たしています。朝食を抜くと、口臭の原因となる「空腹」「だ液の分泌低下」など口の中の状態が不安定なり、結果口臭が発生しやすくなります。規則正しい食生活を送ることはお口の中の環境のために非常に重要なのです。


 実は食後は最も口内細菌が少なくなっているそうです。なぜかというと、食後は特別なだ液が分泌されており、歯の微細な虫歯を修復したり、酸性となった口内をすばやく中和し口臭や虫歯が起こりにくくしているのです。食後に歯みがきやうがいをすると、せっかくの「特別なだ液」が流されてしまい、その機能がなくなってしまいます。食後は水を口に含んで口内を清潔にする程度が望ましいでしょう。




必見サイトです

ニンニクとアルコールの口臭消します
人と会う自信がつく、ナタマメ入りマウスウォッシュ
歯のホワイトニング、塗って約10秒で歯が白くなる!!
歯周病の元凶「活性酸素」を無害化する「抗酸化酵素」
ガムで口臭は消えません。

日常生活の中でで口臭予防

舌とだ液の状態をよくすること
 だ液と舌苔の関係は大きく、だ液のコントロールが口臭を左右します。 だ液はいろいろな要因で出たり出なかったりします。口臭対策はだ液対策でもあります。
 水分、舌の運動、自律神経などいろいろな要素がだ液が出ることにかかわっています。 さらさらした唾液が出続けることが口臭対策にはもっとも必要なことです。

■朝起きて歯をみがくこと
 口の中の細菌が一番増えるのは睡眠中です。だ液の分泌が減り細菌が増殖して天文学的数字になります。起床時の口臭は生理的口臭ですが細菌数を減らす為にも朝起きてすぐの歯ブラシは好ましいことです。
 市販の歯磨き粉はつけないか、ごく少量の天然塩にしてください。歯磨き粉に入っている表面活性剤(石鹸成分)はだ液の分泌を抑制してしまいます。アルコール入りのマウスリンスもアルコール成分がだ液の分泌を抑制し口臭の原因となります。

■舌磨きをしなこと
 舌磨きは口臭の原因となる舌苔を取るために行われますが、舌はとてもデリケートで、舌を磨くことにより粘膜の表面が削げてしまい、剥離した上皮が臭いのもとになることがあります。だ液に不純物がまざると性状を悪化させます。舌が炎症性の反応を起こすと舌苔がよけいにつきやすくなります。目やにやおりものと同じです。

 舌の状態を良くすることは口臭をなくすことに直接つながりますが、舌を磨くことは舌の状態を良くすることにはむすびつかないばかりか、粘膜を傷つけることにより、舌とだ液の状態をより悪くする可能性があるのです。舌をみがかないで舌苔がつかない健康な舌の状態を維持することが大切です。

 舌磨きをする人の多くはやや赤みをおびた病的な舌を綺麗な舌と思っています。
 それは間違いで、やや白っぽい薄いピンク色が正常な舌の状態です。


■口臭予防の裏技「ひょとこ体操」
・思い切り口をすぼめる
・そのまま舌を細かく動かす
・口を横に広げ舌を細かく動かす
・目安は20秒

*水を口に含みながらやるとさらに効果的
 口をすぼめることで年齢とともに衰える口輪筋を刺激
 口を横に広げ舌を動かすことで唾液腺を刺激、だ液の分泌をよくして口内環境がよくなります。


■早口言葉も効果的
 舌の動きとだ液の分泌は密接に関係している舌を細かく動かす早口言葉はだ液分泌を促進します。
 早口言葉はちょうどよいエクササイズなのです。

■口角エクササイズ
 口角アップで好感度アップ!あなたの笑顔が変わる!たるみ顔も解消で小顔に!!




必見サイトです

ニンニクとアルコールの口臭消します
人と会う自信がつく、ナタマメ入りマウスウォッシュ
歯のホワイトニング、塗って約10秒で歯が白くなる!!
歯周病の元凶「活性酸素」を無害化する「抗酸化酵素」
ガムで口臭は消えません。

唾液の分泌量が口内殺菌に関連します

そろそろ梅雨入りです。

梅雨のジメジメした時期には、異常に体温が上昇するので、いやでも、大量の汗をかくことがあると思います。

この汗によって、体の中の熱や、水分が失われるのと同じように、口の中の唾液も暑さによって、減ってしまいます。また、空腹時や食欲不振時、神経の長時間の緊張、女性の生理時、寝起き、加齢等により唾液の分泌量が減少し、口腔内の殺菌力が低下して、結果的に食べ物の残りカスなどが分解・発酵することで生理的口臭が発生することは、よく言われていますね。

唾液は、口腔内の殺菌に重要な働きをします。

唾液成分の99.5%は水分ですが、残りの0.5%に重要な成分があります。食べ物の消化吸収を助ける「アミラーゼ」、歯をコーティングして歯周病から守る「ヒスタチン」、細菌やウィルスを撃退する免疫「グロブリン」などです。

現代人は、ストレスでも唾液の分泌量が減って、様々な症状を訴える人が増えたそうです。一般成人の1日の唾液分泌量はおよそ1500ml(ペットボトル1本分!!)ですが、口腔乾燥症(ドライマウス)担ったりすると、500mlしか分泌されない人もいるそうです。
ある日、食べ物の味が変だと思ったら、口の中が渇き、喉がヒリヒリするようになって原因不明のドライマウスで、やがて潰瘍ができ、食事をとることさえ出来なくなる人もいるそうでちょっと他人事ではありませんね。


まして、高温多湿の気候の場合は、口の渇きが原因で、口臭が発生やすくなります。特に梅雨時期は、湿気が多い時期なので気をつけたいですね。

この高温多湿の梅雨時期は、普段以上の、口の手入れが必要だと思います。

また、当然ですが、唾液を正常に分泌するための水分の補給も忘れないようすることが重要だと思います。

口の渇きは口臭の大敵ですね!



★口臭予防関連 耳寄り情報★
◆ドライマウスの人に多い口臭、唾液分泌が防止の決め手だったんです
◆1日3分で口臭解決、驚くほど簡単な方法
◆口臭の解消は、まず歯石除去から
◆ストレス解消グッズでリラックスして歯周病を予防
◆歯周病になるとガンのリスクが高くなる
◆朝起きたら、まず、口をすすぐ、うがいする!!

◆口臭解消で解決する人間関係もあるんです
◆歯周病になりやすい体質、歯周病を引き起こす生活習慣

 | HOME |  »

Appendix

GANT

GANT

DTIブログにようこそ!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks