口臭・体臭・加齢臭・足臭・肥満臭と戦う人を応援します

「臭い」に悩む人、集まれ!! 体内から健康になることが消臭の秘訣。

歯周病の敵はストレスによる口の免疫力低下

 ストレスは口の免疫力を低下させ、口臭発生の原因になるらしいです。
 最近、「眠れない」「寝付きが悪い」「何度も起きてしまう」等の睡眠ストレス?みたいな症状が出たことがあって、いろいろと調べてみました。。
 年齢的にも40歳を越えた頃、仕事や対人関係で以前に増してストレスを多く感じるようになった人は多いでしょう。

 歯周病が悪化する年齢もちょうどその頃なんです。
ストレス社会でたくましく生活するために、快適な眠りを確保して睡眠ストレスの解消に成功したのでちょこっと報告です。

 私も、ここ2〜3年「夜中に何度も起きてしまう」と言う睡眠ストレスに悩まされてきました。「歳のせいだろう」と簡単に考えていましたが、起きる回数が2回から3回、4回とだんだん増えてきて、ちょっと心配になってきて、深刻に考えてしまうようになっていました。

 疲れが蓄積すると何故か睡眠ストレスが強化していく悪循環に・・・。何故?と考えていたら、今度は歯茎が炎症を起こしていました。
 歯茎の炎症は病院にかかって少しは改善されたのですが、睡眠ストレスはすぐにはよくなりませんでした。

 いろいろ調べていくと、睡眠ストレスの解消方法はいくつかありそうです。

 まず、「筋弛緩法」です

■やり方は簡単で、体のパーツごとにグッと力をいれてしばらくその状態を保ったのち、一気に力を抜いて緊張がほどける感覚を味わうというものです。
1. 右足のつま先ををギュッと立てて力を入れたまま数秒間保ち、一気に力を抜いてリラックス状態を数秒間味わう。
2. 右足、左足のふくらはぎ、右足、左足の太ももからお尻の下を交互に緊張させ、弛緩させる。
3. お尻、おなか、背中を緊張させ、弛緩させる。
4. 両肩をすぼめて緊張させ、弛緩させる。
5. 肘を曲げて右腕の二の腕に力を入れ、力を抜いてだらんとさせる。左腕も同様に。
6. 手を楽に伸ばした状態で、右手のこぶしをギュッと握り締め、力を抜く。
7. あごを引き締めて、鼻にしわを寄せ、口をすぼめて顔をしかめて、力を抜く。

終わったら、しばらくじっとしてリラックス状態を味わうこと。

すべての部位を行わなくても、緊張を感じている部分だけ行ってもいいです。立ったまま、すわったままで行ってもOKなので、仕事中でも疲れを感じたらやってみましょう。複数のパーツを同時に行わず、あくまでもそれぞれ小分けにして行うことがポイントですよ。

また、あまり緊張・弛緩の動作を急いで行うと、十分なリラックス効果が得られません。
力を抜いたあとには、20秒ほどじっとして緊張がほどけていく幸福感を存分に味わうといいでしょう。
エクレクティック セントジョンズワートC



もう一つ「香りのリラクゼーション」です。
エクレクティック セントジョンズワートC
「爽快ドラッグ」見つけました。



★こちらの情報も耳寄り!!★
◆唾液分泌がで口臭防止の決め手だったんですね

◆TBSの「オビラジ」で紹介されたナタマメ入りマウスウォッシュ

◆1日3分で口臭解決、驚くほど簡単な方法

◆歯周病の元凶「活性酸素」を無害化する「抗酸化酵素」

◆口臭の原因、「ドライマウス」に注意しましょう

◆クマ笹入りの歯磨きは歯周病治療の民間療法を応用しています

◆歯周病菌には●●菌が効くんです

◆口臭チェッカーで簡単チェック

唾液の分泌量が口内殺菌に関連します

そろそろ梅雨入りです。

梅雨のジメジメした時期には、異常に体温が上昇するので、いやでも、大量の汗をかくことがあると思います。

この汗によって、体の中の熱や、水分が失われるのと同じように、口の中の唾液も暑さによって、減ってしまいます。また、空腹時や食欲不振時、神経の長時間の緊張、女性の生理時、寝起き、加齢等により唾液の分泌量が減少し、口腔内の殺菌力が低下して、結果的に食べ物の残りカスなどが分解・発酵することで生理的口臭が発生することは、よく言われていますね。

唾液は、口腔内の殺菌に重要な働きをします。

唾液成分の99.5%は水分ですが、残りの0.5%に重要な成分があります。食べ物の消化吸収を助ける「アミラーゼ」、歯をコーティングして歯周病から守る「ヒスタチン」、細菌やウィルスを撃退する免疫「グロブリン」などです。

現代人は、ストレスでも唾液の分泌量が減って、様々な症状を訴える人が増えたそうです。一般成人の1日の唾液分泌量はおよそ1500ml(ペットボトル1本分!!)ですが、口腔乾燥症(ドライマウス)担ったりすると、500mlしか分泌されない人もいるそうです。
ある日、食べ物の味が変だと思ったら、口の中が渇き、喉がヒリヒリするようになって原因不明のドライマウスで、やがて潰瘍ができ、食事をとることさえ出来なくなる人もいるそうでちょっと他人事ではありませんね。


まして、高温多湿の気候の場合は、口の渇きが原因で、口臭が発生やすくなります。特に梅雨時期は、湿気が多い時期なので気をつけたいですね。

この高温多湿の梅雨時期は、普段以上の、口の手入れが必要だと思います。

また、当然ですが、唾液を正常に分泌するための水分の補給も忘れないようすることが重要だと思います。

口の渇きは口臭の大敵ですね!



★口臭予防関連 耳寄り情報★
◆ドライマウスの人に多い口臭、唾液分泌が防止の決め手だったんです
◆1日3分で口臭解決、驚くほど簡単な方法
◆口臭の解消は、まず歯石除去から
◆ストレス解消グッズでリラックスして歯周病を予防
◆歯周病になるとガンのリスクが高くなる
◆朝起きたら、まず、口をすすぐ、うがいする!!

◆口臭解消で解決する人間関係もあるんです
◆歯周病になりやすい体質、歯周病を引き起こす生活習慣

化粧水感覚の全身消臭ローション、コレ一本は必要!

柿のポリフェノール(タンニン)、緑茶エキスにミョウバンといった消臭成分に加え、トレハロース、ヒアルロン酸が保湿&美肌ケア☆ニオイをカバー、うるおいの相乗効果があります。出掛ける前に、ひとふりで一日安心してます。重宝な一本です。

■柿のポリフェノール(タンニン)
 タンニンとは植物フラボノイドの総称で、科学的には大きい分子内に多くのフェノール 性水酸基を持っています。柿タンニンは分子量約15000の高分子物質で、構造はお茶や ワイン、ヒマワリ等と比較しても非常に大きく、タンニンの特性を強く示します。 また、含有量もワインの20倍、緑茶の73倍にも達していて、生理活性にも大きく活躍します。
 食品、医薬品、日用雑貨の原材料として長い歴史を持つ天然物でありますが、 その特性を利用した用途は次の通りです。

1 食品として摂取すれば口臭を抑え虫歯の予防になる。
2 便臭、オナラ悪臭を抑える。
3 胃腸よりアルコールの吸収を抑制すると共に分解物アセトアルデヒトを速やかに排泄する。
4 体臭や靴下の悪臭を抑える。
5 ダニ、蝿の忌避剤となる。
6 腸よる糖質、脂質の吸収を抑制するため、肥満防止に役立つ。

■緑茶エキス
 緑茶の主な成分は、カテキン、カフェイン、ビタミンC、ビタミンE、カロチン、フラボノイド、テアニン、フッ素などです。最近注目されている緑茶の渋味成分であるカテキンは、茶の渋味の元であるタンニンを形成する成分の一部で、抗酸化作用で知られる化合物ポリフェノールの一種です。
 茶カテキンには、発ガン抑制作用や、動脈硬化症の予防、血中コレステロールや中性脂肪、血糖値の上昇を抑制することもわかっています。ダイエットや生活習慣病の予防にも大変効果的です。

■トレハロース
 非常に高い保湿力をもつ、天然糖質。「命の糖」「復活の糖」とも呼ばれています。前回のブログでも紹介しましたね

■ヒアルロン酸
 水分をたっぷり保持する力を持っています。誰もが持つ体内物質のひとつで、髪の毛以外の全身に含まれています。ヒアルロン酸は様々な働きをもつ成分ですが、中でも代表的なのが「保水成分」。つまりヒアルロン酸のおかげで、私達は体内に水分を留めておくことができるというわけです。
 ヒアルロン酸は身体の部位によって濃度が違います。特にへその緒、関節液、目、皮膚などが特に濃度が高いといわれています。実は案外身近で、スムーズな生活に欠かせない成分、それが「ヒアルロン酸」なのです。

■ミョウバン
 肌を引き締めて汗を抑える、温泉にも含まれている成分です。柿タンニンや緑茶エキスの働きを助けます。



★体臭防止の耳寄りな情報★

◆ノネナールだけではない男の体臭物質

◆消臭サプリを安心して飲めますか?

◆男の体臭物質はノネナールだけではない

◆加齢臭の原因「ノネナール」を抑制する●●●●ー●

◆健康にいい黒酢やリンゴ酢、汗臭解消にもいいんだって

◆柿の●●が加齢臭に効くのは、昔の人は知ってたみたい


ショック!歯周病になるとガンのリスクが高くなる

 口臭や抜け歯の原因として中高年の人に蔓延していると言われる歯周病。これが、単なる口腔内の問題でなく内臓や血液にダメージを与え病気を誘発することがわかったそうです。
 それも「ガン」。

 歯周病は、「お血」と言って「血がドロドロでスムースに流れにくくなっている状態」になるとなかなか治りにくくなるんですが、やはり歯周病菌の影響はいろんなところに出るんですね。

記事は、YAHOOやエキサイトなどのニュースサイトに掲載されています。次のような内容です。


歯周病によりがんのリスクが高まる可能性があるとの研究結果が27日明らかになった。
インペリアル・カレッジ・ロンドンのドミニク・ミショー博士らが専門誌に発表した。
歯周病歴のある男性医療専門家を対象にした長期研究で、がんを患う可能性が全体的に14%高いことが判明した。
論文では「喫煙その他のリスク要因を考慮した上でも、
歯周病は肺や腎臓、すい臓、血液のがんのリスク増大と大きな関連性があった」としている。
これまでの研究では、歯周病で心臓病や糖尿病の発生リスクが高まる可能性が示されていた。


という内容でした。

 歯周病が進行すると、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯が抜けることは「歯周病の最も特異的な症状」ともいえます。


◎歯周病に非特異的な合併症
 歯周病は従来考えられていたような口の中だけの病気ではなく、さまざまな全身病を起こりやすくしている可能性が高いことを前回お話ししましたが、中でも動脈硬化やそれによる虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、脳梗塞などは、糖尿病の合併症でもあります。また、歯周病と肺炎・骨粗鬆症・妊娠時のトラブルの起きやすさなどの関連も明らかになってきており、これらも糖尿病と関連する合併症といえます。



歯周病の予防や再発防止にはそれ用の歯磨き剤が必要だとかかりつけの歯科医から聞きました。

 私が使っているのは、ブラッシングだけでは難しい歯周病のケアが家庭で簡単に出来ジェル状の歯磨きです。



★必見!!歯周病予防と口臭解消の情報サイト★
■クマ笹入りの歯磨きは歯周病の症状が穏やかになります
■歯石除去から始まる口臭予防
■●●菌が歯周病菌に効くんです
■黄ばみや臭いを取る歯磨き粉を見つけました
■ストレス解消グッズでリラックスして歯周病を予防
■口臭解決・薬で治せる歯周病、歯槽膿漏
■唾液分泌がで口臭防止の決め手だったんですね
■ドライマウスの人に多い口臭、唾液分泌が防止の決め手だったんです

 | HOME | 

Appendix

GANT

GANT

DTIブログにようこそ!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2008-06 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks