口臭・体臭・加齢臭・足臭・肥満臭と戦う人を応援します

「臭い」に悩む人、集まれ!! 体内から健康になることが消臭の秘訣。

汗クサやオヤジ臭をオフ、女性を惹きつける魅惑の香りに

 男性は女性よりどうしてもも汗やアブラの分泌量が多いせいか、朝起きると首筋から酸っぱいニオイ(たぶん、ノネナール?加齢臭の大元)が漂ってるような気がします。
 また、外出から自分の部屋に帰ったときに何とも言えないオヤジの臭いが漂っていたら要注意です。
 今までの経験から、成分のしっかりしたボディソープできちんとした洗い方をすれば、かなり改善します。

 そこで、この夏に使っているのが、このボディソープ【 フェルグラメンズボディソープ(Felgura) 】です。

 「ニオイをオフするのと同時に、魅力的な香りを身につけること」。このボディソープは、そんな使い方としてオススメです。

■ニオイの素からアプローチ!
 汗のニオイやオヤジなニオイ…まず、その原因となる素の殺菌を!この薬用ボディソープには、有効成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)が配合されています。
 つまり、上から香りをかぶせるのではなく、まずは臭いの元にアプローチすることに着目しています。効果を高めるためには、きめ細かく泡立てることです。
 もともと、泡立ちが良いボディーソープなので、ネットのような専用タオルを使って、体を洗う前に手で十分に泡立てるとさらに効果がでますよ。優しく洗えて、洗い上がりはさっぱり爽快です。
 毛穴に詰まったアブラをしっかりオフして、背中などのブツブツもすっきり洗い上げてくれます。

■モテ実感を考えた要素がたっぷり
 女性受けがよいといわれるあの香水を参考にした、ちょっと甘めの香り。これが少し意外で「もっと爽やかなほうが好感度上がるんじゃないの?」と思ったら、彼女いわく「ううん、このほうがそそられる感じ♪爽やかだといい人で終わっちゃうけど、これはもっとそばにいたいな…って思うよね」だって!
 魅惑的な香りを配合、女性を惹きつけることを考えた。モテ実感も目指せそうです。
 オヤジ!頑張れ!!


★耳寄りオススメな情報★
□加齢臭を食事で予防する
□男の体臭物質はノネナールだけではない
□健康にいい黒酢やリンゴ酢、汗臭解消にもいいんだって
□頑固な加齢臭にはマイクロバブルシャワー
□ローズオイルの効果、アロマ、整腸効果やホルモンバランス等々あったんです
□加齢臭の原因『ノネナール』にはミョウバンせっけん
□体臭防止には抗酸化食品が有効
◆臭いで嫌われないように、アルピニアソープ
◆腸内デトックスは体臭撃退に効果
◆リンパマッサージで体内毒素を排出して口臭解消

加齢臭の原因『ノネナール』にはミョウバンせっけん

ワキや足、局部等のニオイの気になる部分は、風呂でしっかり洗っても上がった直後からニオイを放ち始めます。

ミョウバンせっけんはお風呂で身体を洗った後に、気になる部分(ワキ・足・局部)をしっかり洗う事でニオイの元になる雑菌の制菌、制汗、消臭を行い、さらに身体を弱酸性に保つ事で雑菌が繁殖しにくい環境にし、清潔に保ちます。

ミョウバンの作用に加え、抑毛効果のある成分が含まれているので、ムダ毛を抑え、雑菌の繁殖を抑える事ができます。 また、全身に使用すればミョウバンの制汗効果が全身に働く為、多汗症で悩む私にも最適でした。

そういえば、昔、祖父がワキに粉をぬっていたので、「何?」と効いたら、「ミョウバン」だったのです。
先人の知恵だったのですね。

成分は・・・
ミョウバン:制菌・制汗・消臭という効果を合せ持った優れた消臭成分です。ニオイの元となる雑菌と汗を同時に抑える事で、ニオイの発生源を清潔に保ち、同時にイヤなニオイを消臭します。ミョウバン自体は、古くから広く使われる食品添加物で身体に安全な成分です。

豆乳:

女性ホルモン様作用のある大豆イソフラボンを大量に含んでいます。皮膚の細胞に働きかけて細胞内のコラーゲンやヒアルロン酸の合成を活発にし、老化を防ぎます。さらに雑菌の温床となる毛を抑える効果に優れ、継続して使用することでムダ毛を細く、少なくし、雑菌の繁殖を抑えます。


大豆抽出液:
抑毛効果によりムダ毛を抑える事で雑菌の繁殖を防ぎます。豆乳と同様に大豆イソフラボンの含有量が多いので、美肌効果が期待されます。使用を続けると、お肌の上で極薄い皮膜を作り、皮膚を外界の刺激から守り同時に皮膚の細胞に潤いを与えます。
グリチルリチン酸:甘草の根茎または根から抽出した粉末で、においはなく、特有の甘みがあります。 自然の外用薬として古くから使用され、お肌の炎症を抑える効果があります。

ペパーミントオイル:ペパーミントには抗菌作用があり、雑菌の繁殖を抑えます。別名が西洋ハッカと呼ばれているペパーミントは、ぎざぎざのある濃い緑色の葉、淡い桃色の小花をつけ、目の覚めるような清涼感で知られる、消臭・抗菌力に優れた天然ハーブです。


★体臭関連情報です★
◆体臭防止はまず雑菌対策です
◆匂いをスッキリしてモテる男に!
◆加齢臭・下半身のデリケート臭も直接分解するマナーソープ
◆トレハロースは凄い!加齢臭防止効果!
◆ハマナスの花からできた体臭を消す栄養機能食品
◆体臭防止には抗酸化食品が有効
◆バラのサプリは香りで抑えるんだと思ってました

口臭解決!薬で治せる歯周病、歯槽膿漏

『イヤな口臭が消える方法』〜自宅ですぐできる口臭解消21のワザ〜

口の中には300〜400種類の細菌が存在しています。

その中の歯周病の病原菌が、歯と歯ぐきの境目(歯肉溝)の中で異常に増殖して毒素などを作ります。
それらにより、歯ぐきが腫れたり歯を支えている大切な骨を溶かしてしまいます。
その結果、歯がぐらついて噛みにくくなり、歯を支える骨がなくなり、ついには歯が抜けてしまう怖い病気です。

私が、大切なあなたに思いやりをもって伝えたいことは、手遅れになる前に、今すぐ、「薬」で治してくれる歯科医にしっかりと診てもらうことです。

外科治療(痛い歯周病治療)しかないとあきらめている方に、
「薬」で治す治療(痛くない歯周病治療)もある
ということをお伝えします。




必見サイトです

ニンニクとアルコールの口臭消します
人と会う自信がつく、ナタマメ入りマウスウォッシュ
歯のホワイトニング、塗って約10秒で歯が白くなる!!
歯周病の元凶「活性酸素」を無害化する「抗酸化酵素」
ガムで口臭は消えません。

洗っても洗っても、足が臭い理由

 外出先、夕方からの接待や職場の飲み会で、靴を脱がなければならなくなった時、足のニオイが気になるのは、季節に関係なくありますね。
 特にブーツを履いていていたり、長時間靴を履いたまま仕事をしていたりすると、足がむれるので、どうしてもニオイが気になってしまいます。

 「足臭」の防止は、何といっても清潔にすること。そして、蒸れないようにすることが大切です。

 足を清潔にするためには、専用シャンプーを使うようにしていますが、問題は洗い方みたいです。

<間違った洗い方>
 たっぷりのシャンプーを足に直接かけて、ゴシゴシこすって洗い、サッと水で流す。
 これだと、シャンプーの匂いでキレイになっているようでも、皮膚の角質の中に細菌が残ってしまって、それが汗と反応してあの匂いを誘発してしまいます。

<オススメの正しい洗い方>
 フットケアブラシにシャンプーをつけて、足を洗う前の十分に泡立てます。洗うときは、あまり力を入れずに泡で汚れを浮き上がらせるようにします。爪の回りや、カカトなどはブラシ部分を当ててゴシゴシにならないよう(角質が剥がれないように気をつけて)洗います。

 いつも、ゴシゴシになれている人にとっては、物足りないかも知れませんが洗い方の基本は「泡で流す」ことを思い出しながらすると良いですよ。
 この方法は、体を洗うときも、ひいては食器を洗うときも同じなんですね。



★足臭注意報!!予防情報です★
◆人前で靴を脱げない、悩み多きお父さんへ
◆臭わない靴、ありました。ビーウェルシューズ
◆足の臭いや水虫、イヤ〜ッ!!そんな人のクチコミで売れ筋になった石鹸
◆ミョウバンスプレーの抗菌力が足臭に効きました
◆水虫キャリアは足臭の常習犯では?
◆一度塗り込めば10日間無臭
◆毛穴に詰まった「酸化した皮脂」を落とせば臭い解消できます

 | HOME | 

Appendix

GANT

GANT

DTIブログにようこそ!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2008-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks