口臭・体臭・加齢臭・足臭・肥満臭と戦う人を応援します

「臭い」に悩む人、集まれ!! 体内から健康になることが消臭の秘訣。

ビール酵母で体臭・加齢臭を解消

ビール酵母入りヨーグルトを食べるダイエット法が一時期話題になりましたが、これってどうなんでしょう?

じつは、酵母自体にダイエット効果はないんです。でもビール酵母は栄養バランスにすぐれているので、栄養をおぎなうサプリメントとして最適なんですね。おもにビール酵母がダイエットにもちいられる理由は以下のことが挙げられます。

◆ダイエット効果【腹持ちがよく食べ過ぎ防止になる】
ヨーグルトと合わせて食べることにより、空腹感抑制作用が生じる。
このダイエットの特徴は、ビール酵母の栄養素が裏付けとなり、体のバランスを崩すことなくダイエットを続けられることにある。また、ヨーグルトの栄養素と、ビール酵母の栄養素の組み合わせもすばらしいものがある。

ビール酵母が体内で水分を吸うことによって膨張するため、満腹感が持続することで食事の量が減ります。ビール酵母ダイエットをしていると、だんだんと胃が小さくなり、少量の食事で満足できるようになるのは魅力ですね。

●ビール酵母による食物繊維の補充
ビール酵母の細胞は丈夫な細胞壁で包まれています。この細胞壁には多くの食物繊維が含まれ、ビール酵母の全成分の約30%にも達します。10gの乾燥ビール酵母中に含まれる食物繊維に相当する量を野菜等から取る場合、どれくらい食べなければならないのかを表にまとめます。乾燥ビール酵母には、調理の手間もかけずに手軽に多くの食物繊維を摂取できる長所があります。乾燥ビール酵母をお料理等にご利用頂きますと、食物繊維が豊富な食事内容を実現できます。


◆各種栄養補給効果【腸内環境が改善される】
ビール酵母はマンナンと呼ばれる食物繊維が豊富にふくまれており、このはたらきで腸の運動を活発にして便秘を解消したり、腸内環境を整えます。

ビール酵母には多様な栄養成分が豊富に含まれています。ビール酵母を摂取することで必須アミノ酸の補充、ビタミンB群の補充、ミネラルの補充、食物繊維の補充ができます。それでは各項目についての説明を以下に記述します。

●ビール酵母による必須アミノ酸の補充
アミノ酸とは私たちの体を構成するタンパク質を形成する為に必要なものです。建物に例えると、柱、梁、基礎、壁、床のような建築部材がバランスよく組み合わさって1つの建物が構成されるように、タンパク質もアミノ酸がバランスよく組み合わされることで構成されます。普通のアミノ酸は私たちの体内で作られるので良いのですが、大事なことは、我々が健康を維持する為には、必須アミノ酸を食物等からバランスよく摂取しなければならないことです。

 人間に必要な必須アミノ酸には9種類(イソロイシン、ロイシン、リジン、含硫アミノ酸、芳香族アミノ酸、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン)ありますが、極端な話、仮にある1種類の必須アミノ酸摂取がゼロの場合、体内で全くタンパク質が全く構成されず、すぐに食欲低下、肝臓疾患、老化促進等の不調を引き起こします。これは、柱が全く無い場合、建物を全く建設できないことと似ています。私たちの体は、最も量の少ないアミノ酸に合わせてタンパク質が合成されるのです。必須アミノ酸の摂取で重要なことは、各成分の量ではなく、9種類の必須アミノ酸のバランスが最も大事です。


●ビール酵母によるビタミンB群の補充
 乾燥ビール酵母には主に10種類のビタミンB(B1、B2、ニコチン酸、B6、パントテン酸、B12、葉酸、ビオチン、コリン、イノシトール)が含まれて入ます。我々の体内では、食物から得た糖、脂肪、アミノ酸が活動に必要なエネルギーに変換されるのですが、ビタミンB群はこのエネルギー変換に欠かせない成分です。ビタミンB群の摂取で大切なことは、ビタミンB群各成分のバランスです。ある1種類のビタミンBだけを摂取しても食物から得た栄養を活動エネルギーに変換することは出来ません。これは、必須アミノ酸を摂取する際に量よりもバランスが重要であったことと似ています。食物から摂取した各種栄養素を効率良くエネルギーに変換するには、ビタミンB群をバランス良く摂取することが必要です。



★体臭、加齢臭に関するお役立ち情報です。★
◆加齢臭を食事で予防する
◆男の体臭物質はノネナールだけではない
◆お腹をすっきりして便臭を解消するには、植物性乳酸菌
◆健康にいい黒酢やリンゴ酢、汗臭解消にもいいんだって
◆トレハロースは凄い!加齢臭防止効果!
◆安心して飲める臭い消し
◆植物性乳酸菌が、お腹をすっきりして便臭を解消する
◆ラクトフェリンでお腹ポッコリを治せば体臭、便臭も解消

タンパク質を分解するパパイン酵素入り消臭石けん

 体臭には嫌なイメージを持たれている方も多いことと思いますが、体臭とは、汗などの元になっているイソ吉草酸という脂肪酸が細胞により酸化や分解して生じるノネナールという物質が原因であるという事は、もうみんな知っていますね。
 加齢と共にノネナールの元となる脂肪酸の分泌が多くなるので、比較的中高年や老人の方が体臭を気にされる事が多いのです。パパイン酵素は、この脂肪酸を分解するので、気になる体臭を軽減する効果があると言われています。
 老人ケアセンターなどで喜ばれ、産湯などに産婦人科でも好評の『碧の雫(みどりのしずく)』です。

 パパイン酵素の大きな特徴は、生き生きとした細胞は、より生き生きとさせ、活力のない死細胞は分解してしまうということです。より健康的で美しく過ごすために積極的に酵素を体の内外から取り入れる事をお勧め致します。
様々な健康法の中でも、入浴は多くの日本人が毎日のように行っている手軽な健康法です。

お湯につかるだけで洗わなくてもお肌がツルツル
『碧の雫』の特徴は、パパイン酵素のタンパク質分解機能によって、体の汚れが落ちやすくなる事です。お風呂につかりながら、軽くこするだけで垢がとれるのでゴシゴシこすらなくても大丈夫。石鹸で強くこすると、汚れと共に皮膚にとって必要な油分まで落としてしまう恐れがあります。

『碧の雫(みどりのしずく)』は赤ちゃんの肌にも優しく、喜ばれている入浴剤です。

体臭・加齢臭の悩みに『碧の雫(みどりのしずく)』に配合されているのは植物のパパイヤからとったパパイン酵素。体臭の原因といわれる脂肪酸分解に効果があると言われ、嫌な体臭の原因物質に働きかけます。

赤ちゃんの肌にも優しく、喜ばれている入浴剤です。



★加齢臭・便臭の解消に関するお役立ち情報!!★
◆加齢臭を食事で予防する
◆加齢臭の原因「ノネナール」を抑制する●●●●ー●
◆ソープと泡で、いい匂い!と思われる
◆お腹をすっきりして便臭を解消するには、植物性乳酸菌
◆ローズオイルの効果、アロマ、整腸効果やホルモンバランス等々あったんです
◆体臭予防専用の液体石鹸!!
◆飲めば消える体臭

日常生活の中でで口臭予防

舌とだ液の状態をよくすること
 だ液と舌苔の関係は大きく、だ液のコントロールが口臭を左右します。 だ液はいろいろな要因で出たり出なかったりします。口臭対策はだ液対策でもあります。
 水分、舌の運動、自律神経などいろいろな要素がだ液が出ることにかかわっています。 さらさらした唾液が出続けることが口臭対策にはもっとも必要なことです。

■朝起きて歯をみがくこと
 口の中の細菌が一番増えるのは睡眠中です。だ液の分泌が減り細菌が増殖して天文学的数字になります。起床時の口臭は生理的口臭ですが細菌数を減らす為にも朝起きてすぐの歯ブラシは好ましいことです。
 市販の歯磨き粉はつけないか、ごく少量の天然塩にしてください。歯磨き粉に入っている表面活性剤(石鹸成分)はだ液の分泌を抑制してしまいます。アルコール入りのマウスリンスもアルコール成分がだ液の分泌を抑制し口臭の原因となります。

■舌磨きをしなこと
 舌磨きは口臭の原因となる舌苔を取るために行われますが、舌はとてもデリケートで、舌を磨くことにより粘膜の表面が削げてしまい、剥離した上皮が臭いのもとになることがあります。だ液に不純物がまざると性状を悪化させます。舌が炎症性の反応を起こすと舌苔がよけいにつきやすくなります。目やにやおりものと同じです。

 舌の状態を良くすることは口臭をなくすことに直接つながりますが、舌を磨くことは舌の状態を良くすることにはむすびつかないばかりか、粘膜を傷つけることにより、舌とだ液の状態をより悪くする可能性があるのです。舌をみがかないで舌苔がつかない健康な舌の状態を維持することが大切です。

 舌磨きをする人の多くはやや赤みをおびた病的な舌を綺麗な舌と思っています。
 それは間違いで、やや白っぽい薄いピンク色が正常な舌の状態です。


■口臭予防の裏技「ひょとこ体操」
・思い切り口をすぼめる
・そのまま舌を細かく動かす
・口を横に広げ舌を細かく動かす
・目安は20秒

*水を口に含みながらやるとさらに効果的
 口をすぼめることで年齢とともに衰える口輪筋を刺激
 口を横に広げ舌を動かすことで唾液腺を刺激、だ液の分泌をよくして口内環境がよくなります。


■早口言葉も効果的
 舌の動きとだ液の分泌は密接に関係している舌を細かく動かす早口言葉はだ液分泌を促進します。
 早口言葉はちょうどよいエクササイズなのです。

■口角エクササイズ
 口角アップで好感度アップ!あなたの笑顔が変わる!たるみ顔も解消で小顔に!!




必見サイトです

ニンニクとアルコールの口臭消します
人と会う自信がつく、ナタマメ入りマウスウォッシュ
歯のホワイトニング、塗って約10秒で歯が白くなる!!
歯周病の元凶「活性酸素」を無害化する「抗酸化酵素」
ガムで口臭は消えません。

肥満と歯周病の相互関係

歯周病は、歯の周囲のハグキなどの組織に細菌が感染して起こる慢性的な感染症です。歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多い、という疫学調査が複数報告されています。

なぜ、糖尿病の人は歯周病になりやすいのでしょうか。まだこの詳細な仕組みは解明されていませんが、血糖値が高い状態が続くと、体の免疫機能が低下してさまざまな感染症にかかりやすくなったり、糖分を多く必要とする歯周病菌が増殖しやすくなるためではないかと考えられています。

さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化する、という逆の関係も明らかになってきました。つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきたのです。

この関係が明らかになってきた背景には、歯周病が、糖尿病だけではなく、その前段階と言える「肥満」とも密接な関連があると分かってきたことが挙げられます。ある調査では、肥満の人に歯周病が多いということも報告されています。

肥満の人の内臓脂肪には「TNF-α(腫瘍壊死因子)」という物質がたくさん発現しています。この物質は、白血球の一つ、「単球(マクロファージ)」からも分泌されて、炎症反応を活発化させるのに重要な役割を果たしていることが分かっています。

つまり、肥満の人は、常に体内が炎症状態にあると言えるのです。こうした場合に何らかの感染症にかかると、さらに全身の炎症がひどくなるとみられています。歯周病も感染症なので、より炎症が悪化するというわけです。なぜこうしたことが起こるのか、はっきりとは分かっていませんが、私が診ている患者さんの中にも、「風邪のときにハグキの腫れがひどくなるようだ」と話す人もいます。

歯周病菌が、歯とハグキの間の溝である「歯周ポケット」から簡単に血液中に入り込んでいくことも大きな問題です。歯周病菌が血液中に多量に存在すると、致命的な感染症を起こすこともあります。

それに加えて、歯周病菌の死骸が「内毒素」と呼ばれる多量の毒素をまき散らすことが、血糖値にも悪影響を及ぼします。血液中の内毒素は、脂肪組織や肝臓からのTNF-αの産生を強力に推し進めます。TNF-αは、血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうのです。

インスリンの働きが悪くなると、血糖値が下がりにくくなります。つまり、歯周病も肥満も、TNF-αの分泌を活発にすることで血糖値のコントロールを悪化させ、結果的に糖尿病の発症につながる可能性があると考えられるのです。


実際、歯周病を合併した糖尿病の患者さんに、抗菌薬を用いた歯周病治療を行ったところ、血液中のTNF-α濃度が低下するだけではなく、血糖値のコントロール状態を示すHbA1c値も改善するという結果が得られているそうです。

ただし、覚えておいていただきたいのは、現在の歯周病治療は、その進行を抑えることしかできないということです。歯肉炎と呼ばれる状態であれば、口腔ケアによってハグキを元の状態に戻せますが、歯周炎になってしまうと、ハグキの状態は元には戻りません。

歯周病菌は歯周ポケットと呼ばれる歯とハグキの間の溝にはびこるので、薬を飲んでも薬剤はなかなか歯周ポケットに出て行きません。したがって、予防に努めることが重要です。口腔ケアも自分一人できちんと行うのは難しいと言われています。このため、健康な人でも、半年に一度は歯科医を受診し、歯のケアを受けるようにしてください。


★必見!!歯周病予防と口臭解消の情報サイト★
■クマ笹入りの歯磨きは歯周病の症状が穏やかになります
■歯周病のサインCRP値の上昇は重大な血管の病気になる危険性!!
■●●菌が歯周病菌に効くんです
■黄ばみや臭いを取る歯磨き粉を見つけました
■ストレス解消グッズでリラックスして歯周病を予防
■口臭解決・薬で治せる歯周病、歯槽膿漏
■唾液分泌がで口臭防止の決め手だったんですね

カラダの中からデトックスでキレイに。体臭解消の基本!

 もともとの英語は「解毒」や「浄化」という意味で、人間の体内にたまった重金属や、余分なミネラルなどを取り除く健康法。体調がよくなる、肌が若返る、生活習慣病の予防となる、などの効果があるといわれている。従来の健康法はサプリメントなどによって足りない栄養素を補うという足し算方式だったが、これは余分なものを取り除く引き算方式。人間の体内には、食品や水道水などを通じて鉛やアルミニウム、ヒ素などが細胞のタンパク質などとくっついて蓄積されており、これらはわずかな量でも体に悪影響を及ぼすことが、最近の研究でわかっている。脂肪を分解する酵素の働きを妨げるため、ダイエットがしにくくなることも指摘されており、これらを体内にためないためには、効率よく排出する食事に心がける必要があるという。ゴボウやコンニャクなどに含まれる食物繊維は、余分なミネラルが体内に取り込まれるのを防ぐ働きがある。タマネギやリンゴ、コリアンダー、ニラ、ニンニクなどは、重金属をとらえて体外に排出する。肝臓の解毒力を高める亜鉛やセレンを含む緑黄色野菜などを組み合わせて、取り込まれた毒素を排出するのが効果的である。また、不要な成分を取り除く「デトックスサプリメント」も発売されている。(Yahoo辞書)

何が毒?・・・有害金属
・水銀・砒素・鉛・カドミウム・スズ・ベリリウム・アルミニウム・ニッケル・トロンチウムなど
⇒排泄されることなく、体に蓄積されてゆく金属。慢性疲労、肝臓・腎臓障害、頭痛、慢性疲労、不眠、イライラ、しびれなど。中毒症状が悪化すれば、死に至ることもあります。

なぜ毒がたまる?
 現代人の食生活は、昔のように身近にあるものを調理していましたが、流通が発達すると海や山の幸を当然のように食べるようになりました。
 生産地から食卓まで食品を運ぶ時、腐敗防止などのために様々な工夫がされていますが、当然ながら化学合成物も使われ、その中に上に上げたようないろんな「毒」が入っているのです。
 これは体内に吸収されても、尿や汗、爪などに混ざって排出されるのですが、脂溶性も物質は排出されにくく、蓄積されます。

排出方法は?
(1)便秘解消
(2)ミネラルサプリメント
(3)腸内洗浄
(4)リンパマッサージ
(5)ゲルマニウム温浴、岩盤浴
(6)ファスティング(断食)

みなさんも食事をした後に眠くなった経験をもっていると思います。それは消化するために胃袋の方へ血や酸素が送り込まれているからです。このことからもわかるように消化する作業というのは体にとってかなり負担をかけること。それに食事は毎日のことなので消化器官は本当に休日ももらえずに働かされているといえます。ファスティング(断食)とは、この消化器官に休んでもらおうという考え方なのです。

消化器官がお休みすることは一見、体に悪いことのように見えますね。しかし自然界でも動物はケガをした時にはエサをとらずにじっとし、消化に使われていた能力を本来備わっている治癒能力の方へまわして回復する方法をとっています。これは本能的なもののようです。人間もファスティングすることによって、消化に使われていた莫大なエネルギーを今度は有害物質を取り除いたりする細胞組織の再生へと使えるようにできます。すると内臓は元気になり、新陳代謝がよくなるというわけです。大食しないことで内臓がもともと持っていた自然な形、大きさ、位置に戻ることも機能の回復につながるとされています。

しかし本当になにも口にしないというのではそれは修行の世界に入ってしまうので、日常生活の中ではプチ断食という方法が取り入れやすいでしょう。有害な塩素が入っていない水や自然な素材を使った野菜、果物のジュースだけを食する方法です。週末や連休の間にだけ行う方が仕事がからまなくて成功しやすく、三日間程度の実施でもそれなりの効果が得られるでしょう。
まず摂取カロリーを減らすことで、体内脂肪をエネルギーに変えようとしてくれます。このことにより体内で最も毒素が溜まりやすい脂肪が燃焼し、同時に毒素もはがれ落ちてくれます。断食することによって体内のいたるところで同じように長年溜まっていた有害な老廃物が自然と排出へとむかっていくでしょう。



★体臭、加齢臭に関するお役立ち情報です。★
◆加齢臭を食事で予防する
◆男の体臭物質はノネナールだけではない
◆お腹をすっきりして便臭を解消するには、植物性乳酸菌
◆健康にいい黒酢やリンゴ酢、汗臭解消にもいいんだって
◆トレハロースは凄い!加齢臭防止効果!
◆安心して飲める臭い消し
◆植物性乳酸菌が、お腹をすっきりして便臭を解消する
◆ラクトフェリンでお腹ポッコリを治せば体臭、便臭も解消

 | HOME | 

Appendix

GANT

GANT

DTIブログにようこそ!

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2008-09 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks