口臭・体臭・加齢臭・足臭・肥満臭と戦う人を応援します

「臭い」に悩む人、集まれ!! 体内から健康になることが消臭の秘訣。

唾液の分泌量が口内殺菌に関連します

そろそろ梅雨入りです。

梅雨のジメジメした時期には、異常に体温が上昇するので、いやでも、大量の汗をかくことがあると思います。

この汗によって、体の中の熱や、水分が失われるのと同じように、口の中の唾液も暑さによって、減ってしまいます。また、空腹時や食欲不振時、神経の長時間の緊張、女性の生理時、寝起き、加齢等により唾液の分泌量が減少し、口腔内の殺菌力が低下して、結果的に食べ物の残りカスなどが分解・発酵することで生理的口臭が発生することは、よく言われていますね。

唾液は、口腔内の殺菌に重要な働きをします。

唾液成分の99.5%は水分ですが、残りの0.5%に重要な成分があります。食べ物の消化吸収を助ける「アミラーゼ」、歯をコーティングして歯周病から守る「ヒスタチン」、細菌やウィルスを撃退する免疫「グロブリン」などです。

現代人は、ストレスでも唾液の分泌量が減って、様々な症状を訴える人が増えたそうです。一般成人の1日の唾液分泌量はおよそ1500ml(ペットボトル1本分!!)ですが、口腔乾燥症(ドライマウス)担ったりすると、500mlしか分泌されない人もいるそうです。
ある日、食べ物の味が変だと思ったら、口の中が渇き、喉がヒリヒリするようになって原因不明のドライマウスで、やがて潰瘍ができ、食事をとることさえ出来なくなる人もいるそうでちょっと他人事ではありませんね。


まして、高温多湿の気候の場合は、口の渇きが原因で、口臭が発生やすくなります。特に梅雨時期は、湿気が多い時期なので気をつけたいですね。

この高温多湿の梅雨時期は、普段以上の、口の手入れが必要だと思います。

また、当然ですが、唾液を正常に分泌するための水分の補給も忘れないようすることが重要だと思います。

口の渇きは口臭の大敵ですね!



★口臭予防関連 耳寄り情報★
◆ドライマウスの人に多い口臭、唾液分泌が防止の決め手だったんです
◆1日3分で口臭解決、驚くほど簡単な方法
◆口臭の解消は、まず歯石除去から
◆ストレス解消グッズでリラックスして歯周病を予防
◆歯周病になるとガンのリスクが高くなる
◆朝起きたら、まず、口をすすぐ、うがいする!!

◆口臭解消で解決する人間関係もあるんです
◆歯周病になりやすい体質、歯周病を引き起こす生活習慣

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iwamoto007.dtiblog.com/tb.php/69-c2736fc1

 | HOME | 

Appendix

GANT

GANT

DTIブログにようこそ!

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks